オススメ漫画紹介

生きて輝け!『ゴールデンカムイ』隠されたアイヌの金塊を探す物語

(C)野田サトル/週刊ヤングジャンプ・集英社
画像:ゴールデンカムイ公式サイトより引用

ゴールデンカムイとは

舞台は明治時代の北海道。軍を抜けたばっかりの主人公の杉元は、アイヌの少女アシリパと出会い、隠されたアイヌの金塊を探す旅に出る。

『ゴールデンカムイ』のオススメレビュー

アイヌの文化なんて中学生の日本史くらいでしか知らなかったが、この漫画を読めば自然とアイヌ語が身につく…と思えるくらい、アイヌ漫画である

旅の途中に出てくるアイヌ料理がおいしそうで仕方がない。と思いきや、キャラクターたちは実は重い過去があったりと、シリアスも抜け目ない。と思いきや、くだらないギャグパートがあったり、恋愛模様があったり、まさに闇鍋ウエスタン漫画である。この漫画はストーリーの面白さもさることながら、キャラ萌え要素が強いマンガだと思っている

登場人物はほとんどおっさんばかりだが、悪者でも憎めないところがあったり、可愛い趣味があったりと、婦女子たちの心をくすぐるところが多々ある。主人公の杉元は、不死身の杉元と呼ばれ、どんな敵が来ても臆することなく戦うのが勇ましく、かっこいいのだが、少女雑誌を読むのが趣味だったり、道端に咲いている花をめでたりと、少女のようなところがあり、見ていてとてもかわいく感じる。杉元と犬猿の仲の尾形という軍人は、狡猾な性格で、親を殺すこともいとわない残忍さを持つが、仕草や挙動が猫のようで、愛らしく感じる。

また、ストーリー自体も面白い。アイヌの隠された金塊をめぐり、杉元達や第七師団といった軍人が争奪戦を繰り広げるが、敵と味方がすぐに入れ替わったりするので、たまに今こいつらは何をしてるんだっけ?となるのが少々面倒くさい。また、この作者の癖なのか、前ページまで和やかだったのに次ページで見開きでいきなり頭を撃ち抜かれて死亡したりするので、気を抜いて読んでいるとびっくりしてしまう

(21巻までのレビュー)